iMind Developers Blog

iMind開発者ブログ

コンソールでCtrl+矢印キーを押した際に「;5c」や「;5d」になってしまう場合

概要

sshした端末上でCtrl + 矢印キーで1単語分移動をさせようとしたら「;5c」や「;5d」に変換されてしまい、移動ができなかった。

~/.inputrcを編集してこれが可能なようにする。

バージョン情報

  • xfce4-terminal 0.8.7.4

記述内容

~/.inputrc にこう書けば良いらしい。

"\e[1;5C": forward-word
"\e[1;5D": backward-word

記述したらログインし直すか下記のコマンドを実行する。

$ bind -f ~/.inputrc

参考ページ

https://superuser.com/questions/488157/how-do-i-make-ctrl-arrow-keys-move-forward-backward-a-word-at-a-time-in-cygwin-b

おまけ

terminalでのショートカット各種。word単位で左右に動くショートカットもあるのだけどAltを使うので他のショートカットに奪われてしまうことがあって使っていない。

key action
Ctrl + a 行頭へ移動
Ctrl + e 行末へ移動
Ctrl + f カーソルを左に1つ進める
Ctrl + b カーソルを右に1つ進める
Ctrl + r reverse incremental search
Ctrl + i 入力補完
Ctrl + o コマンド実行
Ctrl + xx 以前のカーソル位置と現在のカーソル位置を行き来する
Ctrl + y yank。Ctrl+uとかCtrl+wでクリップボードに保存
Ctrl + ; クリップボードからペースト
Ctrl + d カースル上の文字を1文字削除
Ctrl + h 手前の文字を1文字削除
Ctrl + w 1単語削除
Ctrl + u カーソル以前を削除
Ctrl + u カーソル以降を削除
Ctrl + t カーソルの文字を隣の文字と入れ替え
Ctrl + p コマンド入力履歴を1つ戻る
Ctrl + n コマンド入力履歴を1つ進む
Ctrl + l スクリーンをクリア

改定履歴

Author: Masato Watanabe, Date: 2019-07-05, 記事投稿